津田塾大学 総合政策研究所
ご挨拶
Greeting
曽根原登
所長
総合政策学部 教授
曽根原 登
Noboru Sonehara
客員・名誉教授(国立情報学研究所)
工学博士
ソーシャルサイエンスとデータサイエンスが融合する
データ駆動政策科学の創成
インターネットが作り出す情報空間(Cyber Space)と、人やモノの物理的世界としての現実世界(Real World)が、連携や連動しつつ融合する社会、すなわち「融合社会(Cyber-Physical Integrated Society)」が実現されようとしている。

この融合社会では、実世界の人と社会の活動は、情報空間に投影される。人やモノの状態変化は、Web情報空間での情報の変化となる。この情報の変化をデータ分析し、新たな知的情報システムや知識サービスを合成して、人やモノに対してふたたびフィードバックする。この情報の循環は、人類が直面する環境・エネルギー、医療・教育、食糧問題などの対策や新たな知的情報産業や知識サービスの創成に役立つ。

その一方で、人間・社会の問題解決の難しさは、部分的でしかも不完全な情報やデータに基づいてリスクやプロフィットを推定し、主観的判断や政策決定を行うことにある。そこで、総合政策研究所は、科学的根拠データに基づいて合理的な政策決定を支援するデータ駆動政策科学を研究する。

具体的には、最先端情報通信技術を活用し、WebやSNS、多様なセンサから収集される多種多量なデジタルデータ(「ビッグデータ」と呼ばれる)を収集・分析して、新たな情報システム・サービスを合成し、融合社会にフィードバックする社会的、技術的な仕組みについて研究開発する。併せて、データ活用社会の到来を加速するこのため、大学と地方自治体や企業等が協働してデータ駆動型の政策立案に取り組み、地域の特色を活かすことのできるデータ活用人材を養成する。
津田塾大学 総合政策研究所
所長 曽根原 登